年忘れガンプラ製作記①

ここでは、「年忘れガンプラ製作記①」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMAG0190.jpg

1/144 HGガンダムハルート

ヽ^シ'ω')ノシつくるよ!


IMAG0193.jpg

1/144だからパーツ数も少なめ
MGが一番好きなんだけど、気軽に作るにはHGが一番だね(´・ω・`)


IMAG0191.jpg

ガンプラ作りの三種の神器
①ニッパー
②モデラーズナイフ
③サンドペーパー

ナイフはホントあると無いとで全然ちがうよね(´・ω・`)



IMAG0194.jpg
ニッパーでランナーから余裕を持って切り離しーの


IMAG0195.jpg
ナイフでゲート処理しーの


IMAG0204.jpg
サンドペーパーで磨いてパーツ1つ完成


サンドペーパーは消しゴムに巻いて使うと便利らしいから真似してるよ(´・ω・`)
IMAG0192.jpg
左から400番・600番・1000番
ガンプラなら600・800・1000がいいのかも(´・ω・`)


MGなら素組みでもあんまり文句の無い出来なんだけど、
HGはスミ入れと塗装がある程度必須なところがあるから、まずはスミ入れするよ

IMAG0207.jpg
こういう凹凸にスミ入れペンで書き書き

IMAG0210.jpg
僕は流し込みタイプってのを愛用してます
水性のサラサラした塗料を流しこんで、ある程度乾燥したらティッシュでふき取ったり、消しゴムで消して整えるタイプ
油性も昔使ってたけどほっそい場所には書き込めないからね(´・ω・`)


んで、黄色のパーツに茶色のペンでスミ入れしたのがこちら
IMAG02111.jpg
凹凸が解りやすくなってより立体的に見える、はず


青色・灰色などの寒色系のパーツには黒色のペンで
黄色・赤色などの暖色系パーツには茶色のペンで
白色のパーツにはグレーのペンでスミ入れするといい感じ

ハルートはGNソードの刀身部分・機首バイザー・肘関節・頭部バイザーにクリアパーツが使われてるんだけど、
刀身と関節はクリアグリーン・機首バイザーはクリアレッド・頭部バイザーはクリアパープルが本来の色なんだけども
そこは低予算のHGだから全部無色クリアなのね(´・ω・`)

だからエアブラシで塗装するよ
IMAG0212.jpg


エアブラシはこれ使ってるよ(´・ω・`)
本格的なエアブラシを買おうとすると1万~2万かかるし、
コンプレッサーを置く場所も電源も確保が面倒だから簡易ブラシ使ってるんだけど
正直コレでも十分だよ




全体的に組みあがってきて
2013-12-23-16-05-02_photo.jpg



ほい、完成
2013-12-28-21-03-02_deco.jpg


ガンプラの場合は仕上げにつや消しスプレーを吹いてやると大分かっこよくなるよ


この後、HGユニコーン完成させたので
2013-12-30-17-25-18_deco.jpg



次は零戦作るよヽ^シ'ω')ノシ
LINEcamera_share_2013-12-30-18-34-35.jpg





to be continued...
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。