コトブキヤ ARX-8 レーバテイン その①

ここでは、「コトブキヤ ARX-8 レーバテイン その①」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『肯定。ただし本機の名称はARX-8<レーバテイン>です。
 サガラ軍曹。あなたの戦争への復帰を許可願います。』



2014-03-18-20-12-15_deco.jpg

18日に届いてたけどダクソⅡの時間の都合で手をつけてなかったので・・・

ひとまずはいつも通り「スミ入れ済・塗装無し・一通り組み終わり」の状態にもってきましたよっと


●オットー・メララ 「ボクサー2」76mm散弾砲
2014-03-21-23-59-14_deco.jpg

ふむふむ・・・
かっこいいっすなー
コトブキヤのプラモって(主にヴァリアブルインフィニティーの所為で)難アリな印象が強かったんだけど、
レーバテインはすっごく組みやすかったです
パーツ数もMGのガンプラ程度だし、稼動はしっかりしてるし
それと最近のガンプラRG帯で使用されてる、足の稼動に合わせて膝アーマーが展開する作り?
まさかブキヤの模型でお目にかかれるとは

ただやはり難点はいくつかあって、
所謂モナカな箇所が多いので合わせ目消しは必須かなーと
あとはパーツの接合が弱くてセメントで補強しないといけない箇所が数箇所あったり、
完全未塗装でOKか?っつーとそうでもなかったり(特に武器)
まぁヴァリアブル(ryよりは数段組みやすいと思われ


差し替えで"妖精の羽"がついてます
2014-03-22-00-02-22_deco.jpg

※ラムダドライバキャンセラー妖精の羽
肩部側面に装着される増設ユニット。
あらゆるラムダ・ドライバによる現象を無効化できる。
ラムダ・ドライバの「起こる現象を強くイメージする」という発動条件とは逆の
「超常的な現象を一切合財否定する」イメージによって発動する。
しかし、敵機だけでなく自機のラムダ・ドライバも使用不能になるため、自らの防御力が低下するのみならず、
ラムダ・ドライバの補助が必要な165mm多目的破砕・榴弾砲も使用不可能になる。
さらに、莫大な電力消費により自機の基本動作性能の低下までをも引き起こすことから、諸刃の剣とも呼べる存在である。

wiki先生より





「で、もちろん使えるんだろうな?」
『さぁ・・・』
「なにが『さぁ」だ!?」
『なにしろ使ったことがありませんので。無責任に肯定するわけにも-』
「もう知らん、試すぞ!」
『どうぞ』

●ラムダドライバ発動
2014-03-22-00-06-08_deco.jpg
放熱索は透明PVCパーツで再現
ただROBOT魂の放熱索再現がすごすぎたのでコレはちとガッカリ(´・ω・`)
"レーバテイン robot魂 放熱索"でググると解るけど落差が酷い




『ガンハウザーモードに移行を完了。曲射弾道なら最大射程は30キロです』
●セワード・アーセナル 165mm多目的破砕・榴弾砲(デモリッションガン)
2014-03-22-00-14-59_deco.jpg 2014-03-22-00-14-01_deco.jpg
アームスレイブ用兵装の一般的な口径を遥かに超え、っつ-か倍以上の口径をもったトンデモ兵装
(アームスレイブが運用可能な最大サイズの火砲は90mm、らしい)
あまりに反動がでかいためラムダドライバで反動をキャンセルしないと撃てないトンデモ兵装
(Λドライバの補助無しで撃つと腕が千切れた)
ガンというか、カノンな希ガス



他にも単分子カッターと対戦車ダガーが付属してたんだけど、
塗装しないととてもじゃないけど見るに耐えない黒一色成型なわけで・・・
時間をつくって刀身の塗装もしないとです

あとは本体数箇所のオレンジ色塗装が再現されてないのでそちらも塗装して、
ボクサー散弾砲とデモリッションガンもガンメタルで塗るかなーと思ってます




レーバテインってば
後継機=従来機を全ての面で上回るフルスペック機
ってイメージをいい意味で壊してくれた機体ですよね。

試作高出力ジェネレータ+ラムダドライバで出力すっげーことにはなってるけど
※軽い気持ちで跳躍したら地上80mに達したでござる
 サイズが全然違う敵の巨大ASに踏み潰されても持ち上げ→ひっくり返して逆襲できたでござる
 足払いをかけただけで敵の腰から下が吹き飛んだでござる
 軽く殴ったら敵のお腹にでっかい穴が開いたでござる

電子兵装は前世代機並に劣化してて、電子戦はほぼ出来なかったり。
じゃあアル外して電子兵装を積めばいいんじゃねと思ったら
 アル無しレーバはデッドウェイトだらけの欠陥ASになるらしいし。
稼働時間が30時間にまで限定されてるし。
そもそも所属組織がほぼ壊滅状態でパーツの供給が途絶えてるから初登場移行は無双できないし。
結局これだけ高性能でも最後の最後までベリアルを圧倒できなかったし。

でも不自由な決戦兵器って感じが好きでした。




ちなみによく言われるのが「スパロボ参戦はよ」「フルメタ続編はよ」
全面的に同意(´・ω・`)
フルメタ2期より後、アーバレストがベリアルと戦ってボッコボコにされて、
その後継機として登場したのがレーバテインなわけでして。
映像化されてない時点でスパロボ参戦は期待薄だろね
ただ、ROBOT魂やプラモで立体化が行われてきての、第三次Zでフルメタが3回目のスパロボ参戦(初のボイス付き)
もしかしたらもしかする・・・?
でも出展は基本映像版からって暗黙のルールあるからどうなるやら
ラインバレルは漫画版から出たけどシナリオやら諸々はアニメ版準拠だったって聞くし
フルメタ原作をスパロボでやりきってくれたら嬉しいな


それはそうとコトブキヤさん、最終決選仕様の追加パッケージ発売しないかなー(チラッチラッ
ホワイトグリント出した後にVOB発売したよね(チラッチラッ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。